ネパリンの窓-
				  小野裕子の徒然日記-

1423.トリバゴを初めて利用してみる

2018/05/06
出張などでホテルを予約するときに、私の場合は「旅窓」
を利用することが多いのですが、テレビで宣伝している
「トリバゴ」を先ほど利用して大阪のホテルを予約して
みました。でもなんか釈然としません。
いろいろ比較して「コレ!」・・・と決めて予約すると
なんか当初画面でみた金額より支払い時にかなりアップされた
金額になっているのです。税だけでなくサービス料まで込みで
サービス料が予想以上だったのかしら?
支払いなどの手続きが終わって再度同じサイトを見てみると
今度は同じ部屋が随分と安く表示されていたのには、
「えっ?」と驚きます。価格は変動するのでしょうけれど、
なんか釈然としないので、もうトリバゴの利用はしないでしょ
うねぇ。


1422.大分土産いろいろ 〜筍ご飯を作る〜

2018/05/04
連休中は時間の流れが緩やかなので、ちょっと料理でもするか
・・・という気分になります。先日大分で買った、筍がたくさん
入った炊き込みご飯の素を思い出し、作ってみました。
どうせならオアゲを入れて、山椒の実も散らしてみよう。
土鍋で炊き上げると、ご飯がツヤツヤして美味しく完成。

大分では写真のように、いろいろ買い込み実家に送っておき
ました。大分は町おこしに熱心だからお土産も見ていて楽しい
ものが多く、つい財布の口が緩みます。。。



1421.【古民家再生】リノベ・ファイリング

2018/05/03
地方都市のある不動産会社の社長から、
移転するので急きょ来てほしいとの連絡が入りました。

さてさてどんなことなのかしら?・・・とタイトな日程を
調整して行ってみると、
現在の路面店オフィスを築130年の古民家を再生した
オフィスに移転するので、是非ファイリングとオフィス
作りを手伝って欲しいとのことでした。

移転先となる古民家は昔栄えた街道沿いの元酒屋さんの商家、
間口も広く奥に内庭があり、とても風情ある造りになって
います。リノベーション工事後は、どんな姿になっているのか
ワクワクします!

社長曰く、この地域には古民家がたくさん残っているので、
駅に近いこの場所で開業して、これから古民家再生など
をたくさん手掛け、“地域興し”に発展させていきたいとの
ことでした。
ほほ〜っ、なかなか面白い案件です。夢があって、いいな〜。
ファイリング自体は不動産業のファイリングですが
「リノベ・ファイリング」とネーミングしておきましょう。


1420.LUPICIAのフレーバーティー 〜どんたくラベル〜

2018/05/01
ゴールデンウィークの谷間のウィークディに、博多へ出張しま
した。そのときに友人から頂いたお土産が、このLUPICAの
フレーバーティーです。
箱を開けてみると可愛い「博多どんたく」のラベルが貼って
あります。そうか、5月3〜4日は「博多どんたく」があるんだっ
たわ。ちなみにどんたくの正式名称は「博多どんたく港まつり」
とのことで、今年で57回目だそうです。歴史的には1179年の
民族行事「博多松囃子」を起源としているとのこと。

頂いたフレーバーティーを開封すると、甘く濃厚なフルーツの香
りがします。一言で言うと「エキゾチック」。ジャスミンや苺の
フレッシュさも感じる複雑な香りです。私が好きなインドネシア
の風を感じます。博多はアジアの窓口だから、このような
プレゼントもマッチしますね。Sさん、ありがとう。


1419.こんなトレーが欲しかったわ

2018/04/30
出張先でホテルを利用するときに、小物を入れるトレイが
あると、とても重宝します。ところがビジネスホテルだと
なかなか希望通りにいきません。レディス専用の部屋だと
さすがにそのへんは行き届いていますが。
そのような訳で、私はずっと携帯用のトレイを探していた
のですが、なかなか見つかりませんでした。
でも見つけちゃった!丸善の文房具売り場で。
本来は捨てられる革屑を利用したドイツ製のリサイクルレザー
のこのトレイ、携帯時はフラットなままでパソコンのマウス
パッドとしても利用できます。トレイとして使用するときは
四方のスナップボタンをパチンと押さえるだけです。
使うほどにいい色になりそうで、楽しみだわ。


TOPページ
前ページ 次ページ