ネパリンの窓-
				  小野裕子の徒然日記-

1582.わんわんジェットに乗る〜沖縄便〜

2019/05/16
4月の下旬に沖縄行きのJAL便に乗りました。
GW前とはいえ、一番いいシーズンだし、飛行機は満席だろう
と思っていました。いつもどおりにルンルンしながら機内に
入っていくと、どうも様子が変! お客がいないんだわ! 
え〜っ? と周囲を見渡しても空席だらけで、はるか前方に
数人の乗客が見えるだけです。こんなの初めて。
後で客室乗務員に聞いてみると、搭乗客数はたった15人だった
そうです。この便は臨時便で「わんわんジェット」とのこと。
わんちゃんを機内に入れて一緒に旅ができるということ。
実際には戻りの便にわんちゃんが乗るのかな? 

いずれにしてもわんちゃんがご主人と一緒に機内で過ごすには、
狂犬病の予防接種はもちろん以下のような条件があるようです。
鼻が短い犬種もダメ(HPにはもっと詳しくでています)。

●ご利用いただける動物は、ワンちゃんに限る。
(他の動物は ご利用いただけません。)
●ワンちゃんのサイズは幅33cm × 奥行52.5cm × 高さ33.5cm
のクレートに入る8kg以内のワンちゃんに限る。
機内へ搭乗する際は、必ず当日お渡しする専用クレートを利用
する。
●日常室内で生活をともにしている躾(しつけ)のされた室内
犬に限る。
●発情期から4週間以上経過しているワンちゃんに限る。


1581.行っちゃうぞ! 念願の高千穂峡へ!

2019/05/14
私は今までいろんなところに行きましたが、唯一まだ足を踏み
入れていないのが、宮崎です。
そして、運がいいことに「どこかにマイル」で、宮崎往復の
チケットが手に入りました。 私が一番行ってみたいのは
高千穂峡です。この新緑の時季に、幻想的な川の中をボートに
乗ってみたい! と、ずっと思っていました。
いざそのために調べてみると、空港→JRで延岡→バスで高千穂
バスセンターというルートで、それぞれに1時間半〜2時間ほどかか
ります。1泊2日ではちょっときついかな。高千穂での宿泊場所も
多くはありません。でも、滞在時間はちょっと短いけれど、
神々しい空気で体内浄化ができればと思っています!


1580.レンタルスペース

2019/05/12
先日地方から上京してくるクライアントの方と夕方1時間ほど
直接お会いして打合せをすることになりました。
飛行機でいらっしゃるとのことで、打合せの後はお食事でも
と思い、その打合せの場所をネットで探してみました。

移動距離や分かりやすさ、食事の場所なども考慮し、浜松町の
駅に近いところに決めました。そこを利用するのは初めて
でしたが、なんと1時間900円足らず!
実際利用してみると、アクセスがよく分かりやすい場所で、
打合せスペースも一応個室。ホワイトボードもあり、まずまず
良好でした。このようなスペースは日ごろからチェックして
おきたいものです。


1579.蒲田のユザワヤへ行く

2019/05/11
布生地などの展示・収納方法の参考に、と
蒲田のユザワヤに行ってきました。 ユザワヤといえば、
1955年創業の手作りホビー材料の大型専門店です。世界中の
さまざまな材料や道具を取り揃えていて、見ているだけでも
とても楽しくなります。

私は今から30年ほど前!に、ユザワヤのカルチャースクールで
水引細工の講座に通い、鶴・亀・イヤリング等いろんなものを
作りました。最近、ミシンに興味ありです。
蒲田西口駅の周辺には、いくつかのユザワヤが軒を連ねています。
なんか久しぶりなので、周辺をキョロキョロ。
あ、上を見上げてみるとこんなカワイイ時計が!
毛糸を編む羊くん。何という名前なのかしら? ユザワヤの創業は
湯沢屋毛糸店ですから、このキャラはピッタリですねぇ。


1578.Doller Steam Ship Linesの銀食器を磨き始める

2019/05/09
思い立って、手元にある黒ずんだ銀食器を磨き始めました。
この食器はDoller Steam Ship Linesというアメリカの船会社
が、100年近く前にその客船で使用していたものです。
フィンガーボールやコーヒーポット、クリーマーなど。
一つ一つがりっぱで、重たい!
40年ほど前に、親戚の叔父から譲り受けたものですが、叔父の
父親が戦前インドネシアで入手したものだとか。

この食器のルーツを調べてみるのが私のライフワークの一つ
ですが、そう思い続けて40年!? 最近、食器に刻印された
ゴルハムの「象」マークから、この食器が1930年(昭和5年)
製造と判明しました。ゴルハムは1868年から、毎年年号の代わり
に動物等のマークを食器の裏に刻印しているんです。
最終的にどの客船でこれらの食器が使用されたのかを突き止め
たいのです。ロマンを感じる大切な私の宝物です。





TOPページ
前ページ 次ページ