ネパリンの窓-
				  小野裕子の徒然日記-

1499.北海道のチョコレート

2018/11/12
北海道に行くといつも買って帰るのがロイズのチョコレート。
空港でロイズの店に入るといろんな種類があり目移りしますが、
パッと一目で目を引いたのが、このクリスマスバージョンの
焼きリンゴのチョコ。なんといってもパッケージがカワイイ!
試食して買いましたが、チョコの中に食感がいい焼きリンゴが
入っていました。
もう一つのチョコは「北の散歩道」というハスカップのとろりと
した甘酸っぱいジャム(コンフィチュール)がチョコとクッキー
の間にサンドされたもの。こちらは友人からの頂きもので、
お勧めのチョコだそうです。確かに丁寧に作られた美味しいもの
でした。


1498.小樽文学館はオモシロイ!

2018/11/10
小樽観光では、今回日本銀行の金融資料館の企画展
「北海道150年特別展『開拓使兌換証券と「円」の誕生」を
楽しみにしていたのですが、なんと休館日に当たり断念。
仕方ないので近くの文学館に入ってみたら、これが「当たり」
でした。小樽ゆかりの作家について、それぞれの個性を豊かに
ユーモラスに表現した人形と分かりやすい説明書きの展示が
とてもいいですねぇ。小樽駅前の三角市場の入口にあった
石川啄木の碑。当初小樽と啄木が結びつかなかったのですが、
ここに来て分かりました。写真の人形は啄木です。
「蟹工船」で有名な小林多喜二については、小樽の地にいると
なるほどなあ・・・と実感します。小樽に来たら、文学館にもぜひ
立ち寄ってみましょう。


1497.今シーズン初のクリスマスツリーは小樽で  

2018/11/6
11月6〜8日と札幌・小樽に行きました。その前の週は沖縄で
半そでで過ごし、帰京してから体温調節ができていないままに
北海道に飛んできたので、喉の調子が少し変です。何となく風邪
の引き始めといった感じかなあ。気をつけないとね。

札幌や小樽は、今ちょうど紅葉の見ごろといった様子。
赤いカエデやイチョウの黄色が街中や山々に彩を添えて、とても
きれいです。初日は札幌から小樽へ移動しました。小樽は10年
ぶり位かしら?今回は観光スポットというよりも街中を気の向く
ままに見て歩きたいと思っています。夏場は多くの人で賑わう
小樽も、11月になると一段落という雰囲気です。私にはその方が
いい。写真のクリスマスツリーは、小樽運河で見かけたものです。
小樽は夜の風景がロマンチックです。


1496.11月1日は「すしの日」

2018/11/1
10月31日付の「琉球新聞」を見ていたら、片隅に
全国「食べたい郷土ずし」ランキング上位10位がでていました。
11月1日って「すしの日」だったのですね。
(ちなみに1カ月後の12月1日は私の誕生日!)
ミツカンが実施したアンケートでは、以下のような結果に。
2位の蝦夷前寿司ってどんな寿司?にぎりなのか海鮮丼なのか
初めて聞く言葉です。前沢牛の寿司はいいお肉を使っているん
だろうけど、イマイチ邪道な感じがするなあ。3位は順位が
高すぎるのでは?
アレレ〜?岡山のばら寿司が9位なんて順位が低すぎるわ。
寿司もマス寿司のように材料が単一のものから、バラ寿司の
ようにいろんな具材を華やかに飾ったものまでいろいろあり
ます。岡山のばら寿司はベスト3に入る実力派!
ぜひ多くの人に知って、食べて頂きたいものです。

@江戸前にぎり寿司(東京)A蝦夷前寿司(北海道)
B前沢牛の寿司(岩手)  C手こね寿司(三重)
D大阪寿司(大阪)    E柿の葉寿司(奈良)
Fニジマス寿司(群馬)  Gマス寿司(富山)
Hばら寿司(岡山)    I箱寿司(島根)    


1495.船は台風26号の影響で欠航に・・・・・・・

2018/10/31
今日は渡嘉敷島に行くつもりで、ホテルも便利のよい
泊港のアーバンかりゆしホテルにしていました。
朝8時にターミナルに行ってみると、写真のような状況で高速艇は
欠航。フェリーも行きの便は予定どおりに出航しますが、
戻りの船は欠航との。残念ながら日帰りは無理なので、今回
渡嘉敷島は諦めました。飛行機は飛んでも、船はなかなかそのよう
にはいきませんね。
それにしてもたくさんの島があります。チケット売り場も方面毎
自治体で分かれているそうです。久米島や慶良間諸島にも行って
みたいですねぇ。


TOPページ
前ページ 次ページ