ネパリンの窓-
				  小野裕子の徒然日記-

1224.大人女子の社会見学会 〜ときわ公園〜

2017/08/17
来月、山口県宇部市にクライアントのファイリング定期点検に
行きます。昨年は仕事の後で念願の宇部興産の鉱山や巨大
トレーラー、日本一の私道などを走る「セメントの道ツアー」に
参加し、とてもいい刺激を受けました。

今回はクライアントの社長が<ときわ公園>にプラントハンター
西畠清順氏の手を借りてアフリカから取り寄せて寄付した
バオバブの木を見てきます。
ときわ公園は広大な敷地の中に植物園や動物園、石炭記念館、
彫刻展示、湖などを抱えた広大な公園のようです。
あ、ギネスに登録された世界一の郵便ポストもあるとか。

どうせなら、遊び心のある経営者の女性たちを集めて
「大人女子の社会見学会」に仕立ててみようと計画し、
トントン拍子で開催することとなりました。
今からとても楽しみです!


1223.商標登録で、特許庁へ行く

2017/08/16
現在私は「ライフステージファイリング」や
「クラター・オーガナイザー」などの商標登録をして
いますが、まだまだいくつか商標登録したいものがあります。

ということで、お盆休暇中の人出が少ないときに特許庁へ
出願しに出かけました。勘違いなどがあるといけないので
相談窓口でいろいろ不明なことを聞き出し、結局3件の
うち1件のみ出願し、残りは一部修正したり考え直したり
することになりました。今週中にはすべて終わらせたいです。
小雨がちらつく虎ノ門の官庁街は、人出が少なくいいですねぇ。
特許庁の記念スタンプを押してみました。


1222.浅草の今を歩く

2017/08/15
隅田川クルーズの終着は浅草の吾妻橋のたもとにあります。
今まで全く気づかないでいましたが、立派な乗船場です。
とても便利がいい場所にあるのね。
降りて対岸を見ると、かのアサヒビール本社ビルと
墨田区役所のビル、そしてスカイツリーも見えるんですねぇ。

まさに近未来的な東京というか、以前上海で見かけたような
風景を彷彿とさせます。
せっかくなので雷門まで行ってみましたが、なんと人出の多い
ことか。人込みを避けて以前偶然に立ち寄った鮨屋を思い出し
記憶の糸をたどって、やっとたどり着きました。
メインストリートからちょっと離れただけで、静かないい店。
鮨屋なのにスタイリッシュな雰囲気です。ここの海鮮チラシが
食べたくてね。。。俳優の佐々木蔵之介の実家の日本酒も
置いてあるのね。


1221.宇宙船で隅田川クルーズ

2017/08/14
半日でできる「気分転換」はないかと、豊洲から浅草へ
隅田川クルーズをしてみました。
松本零士が設計した宇宙船のような船です。噂には聞いて
いましたが、まさに「宇宙船」。子供ならずとも、ワクワク
します。隅田川の多くの橋をくぐり抜けて進むので、船の高さ
が低く、そのぶん水面に近い位置から、両岸を見上げることが
できます。いろんな橋のそれぞれの美しさ、水門、水辺の鳥たち、
天井からも見えるビル群。ああ、ここが東日本橋、蔵前・・・
水上から見る東京(お江戸)は意外な発見があります。
東京って、ウオーターフロントから発展していったことが
実感できます。過去から未来へと。所要時間は40分ほどで、
料金は1080円でした。


1220.全日空機の緊急着陸

2017/08/13
今日8月12日は、日航ジャンボ機墜落事故から32年。
もう30年以上たったのだと、昨日のことのように当時を
思い出しましたが、関係者以外にとっては徐々に記憶が
薄れていきます。

そのような中!まさに同日8月12日、離陸直後の羽田発
伊丹空港行の全日空機が機内の気圧を保つ与圧システムの
異常を示す警報がでたため、羽田空港に引き返すという
事態が発生しました。真相が徐々に解明されてきていますが、
どうやら日航ジャンボ機の事故のときと同じような状況
だったとのこと。今回は全員無事でしたが、なんとも
あらゆる状況が32年前と合致し、ちょっと背筋が寒くなる
ような気がします。実は私もたまに羽田〜伊丹便を利用し
ますが、乗るたびに御巣鷹山のことが頭をよぎっています。
(合掌)




TOPページ
前ページ 次ページ